SEO

初心者がチェックすべきSEOの内部対策を紹介!誰でも簡単にできる

こんにちは。

SEOを学び始めると、「SEO内部対策」この言葉をよく耳にします。

ですが

「結局、SEOの内部対策は何をすればいいの?」

と疑問に思う人も多いですよね。

そこでこの記事では

初心者がチェックすべきSEOの内部対策

をご紹介します。

内部対策と言ってもかなりあるので、今回は初心者が押さえるべき内容をご紹介します。

では早速、見てみましょう。

そもそも内部対策ってなに?

SEOの内部対策とは

クローラーの巡回をスムーズにして評価を得るための施策

です。

SEOには、内部対策と外部対策があるのですが、外部は外的な要因で評価を得るものに対して、内部対策は自社で行う施策を指します。

難しそうに感じるかと思いますが、誰でもできる施策になります。

内部対策をやる目的は?

そもそも、SEOで内部対策をやる目的は

検索結果で上位表示を目指す

です。

この上位表示を目指すためには、クローラーに評価をしてもらう必要があります。

順位が上がる仕組みとしては

①クローラーがWebサイトを巡回をする
② ページがインデックスされる
③順位が決定する

このような流れになっています。

まずは、①のクローラーにWebサイトを巡回してもらうことが大事で、そのための対策です。

クローラーが巡回することで、Googleのデータベースにそのデータが送られて、Googleのアルゴリズム(順位を決める指数)によって順位が決まるので、最初のクローラーの巡回が上位表示させるためには、必要になってきます。

初心者が絶対すべきSEOの内部対策

クローラーが巡回しやすくする

コンテンツの評価を得るには、まずクローラーに巡回してもらう必要があります。

その巡回をしやすい仕組みを作るために

  • XMLサイトマップの作成
  • カテゴリーの作成
  • パンくずリストの作成

これら3つの対策が必要です。

他にもいっぱいありますが、今回はこの3つをご紹介しますね。

XMLサイトマップの作成

自分のサイトに、クローラーの巡回をお願いするには、XMLサイトマップが必要です。

XMLサイトマップをは、クローラー用のサイトマップだと思ってください。

このXMLサイトマップがあるおかげで、クローラーにサイトを巡回してもらうように声を書ける事ができます。

1記事ずつ、クローラーをお願いすることもできますが、記事が増えてくると全部の記事を依頼するのは大変ですよね。

そんな時にXMLサイトマップがあれば、一瞬で全部の記事の巡回をお願いできるので、必ず設定しましょう。

WordPressでサイトを運用している場合は、「Google XML Sitemaps」というプラグインで簡単に設定可能です。

カテゴリーの作成

サイトのカテゴリーはしっかり作成しましょう。

カテゴリーとは、サイトの構造みたいなもので、この画像のようなメニューがそれにあたります。
カテゴリーは、複雑な階層にならないようにするのがコツです。

本来は、同じカテゴリーにあるべきなのに、違う階層にあるとクローラーは混乱してしまいます。

パンくずリストの作成

パンくずリストは、ユーザーに分かりやすくするだけでなく、クローラーにも「今どこを巡回しているのか」を理解しやすくするための施策です。

パンくずリストとは
この画像のように、階層が分かりやすく表示されたものです。

WordPressのテーマによっては、カテゴリーをしっかり設定すれば、設定をしなくても表示してくれます。

ですが、自分の目でしっかり見やすさと階層をチェックしましょう。

コンテンツの内容を理解しやすくする

コンテンツの内容をクローラーに理解してもらうには

  • タイトル設定
  • 見出しの設定
  • 内部リンクの設定

これらが必要になります。

他にも必要な設定はありますが、今回はこの3つを紹介します。

タイトル設定

タイトルとは、SEOで最も重要な指数の1つで、

そのコンテンツ(記事)の顔

と言ってもいいでしょう。

クローラーは、HTMLのタグを読み取って、どんな記事なのかを把握しているんですが、その記事の内容を把握するために、一番最初に読み込まれるタグが「h1タグ(タイトル)」になります。

なんとなくですが、重要だと感じてもらえましたか?

タイトルは、どんな記事が書いてあるのかを理解するために必要な要素です。

なので、狙っているキーワードは必ず入れましょう。

文字数も30文字ぐらいで抑え、どんな記事が書いてあるか分かりやすいタイトルを付けるようにしましょう。

見出しの設定

見出しとは、その記事がどんな構成で書かれているのかを表す目次です。

タイトルは、「どんな記事が書いてあるかを把握する」でしたが、見出しは「具体的に記事の内容を把握する」指数です。

見出しは、h2〜から構成されるタグで、h1タグの次に重要なタグになります。

見出しの構成は、カテゴリーと同じで階層をしっかり作りましょう。

内部リンクの設定

内部リンクとは、Webサイト内のページ同士をつなぐリンクのことを指します。

ただ、闇雲に適当に記事を入れても、クローラーからの評価を得ることはできません。

関連性が高くて、なおかつ質の高いコンテンツをリンク同士で繋ぐ必要があります。

予め記事を書く前に、どんな構想にするかを練っておくと、内部リンクとして高い評価を得られる可能性は高くなます。

内部リンクは、リンク切れや飛んだ先の記事との関連が薄いと逆に評価を落としてしまう可能性があるので注意しましょう。

まとめ

最後まで記事を読んでくれてありがとうございます。

SEOの内部施策は奥が深いので、今回紹介した内容以外にも対策する方法はあります。

ですが、初心者の人が全てをやろうとすると混乱してしまうし、思わぬエラーがでてしまう可能性もでてきます。

なので、まずはこの記事の内容を参考にSEOの内部施策を進めてみましょう。