リモートワーク

リモートワークが直面する問題点とは?改善するための方法

こんにちは。

リモートワークを始めたいけど

「問題点は何があるかな?それを改善するにはどうすれば・・・」

このような不安がある人もいますよね。

そこで、この記事では

リモートワークが直面する問題点とは?改善するための方法

をご紹介します。

では早速、見てみましょう。

リモートワークが直面する問題点と改善する方法

仕事の進捗管理

まず、仕事の進捗管理ができないという問題点があげられます。

会社に出勤するのとは違い、1日どのくらい稼働しているのかが見えにくいです。

個人でやっている場合は、自分で時間の管理をすれば問題ありませんが、企業の場合はそうはいきませんよね。

しっかり仕事の管理をするのであれば、日報を書くことをおすすめします。

  • 何時から稼働して
  • 何をやったのか
  • 何時に仕事が終わったか

この3つだけでも管理できれば、その日の稼働時間と仕事の進捗を見て、どのくらい仕事をしたのかを見える化できます。

いきなり、細かくやってしまうと逆にストレスになってしまう可能性があるので、まずは手軽にできることからやってみましょう。

コミュニケーション不足

リモートワークは孤独になりがちで、コミュニケーション不足になる可能性があります。

基本的には、家かカフェなどで仕事をしている人が多いのですが、一人でパソコンに向かい仕事をしていると、それがストレスになってしまう人もいます。

気軽に相談もできないので、一人で悩みを抱えてしまう可能性もありますね。

そういった場合は、定期的にミーティングを開催するか、毎朝10分間ミーティングをして、今日やることや相談ごとを聞いてあげるのが良いでしょう。

朝ミーティングを10分間やるだけで、その日にどんな仕事をするのか、相談ごとや進捗確認などをすることができるので、先程の「仕事の進捗管理」の問題点の解決にも繋がりますね。

体調の管理

リモートワークだと、家に出ないで仕事をしたり、カフェなどに1日こもって仕事をします。

そのため外食やコンビニ弁当が多くなり、健康面で不安があります。

しかも、ずっとディスクに座っているため、運動不足になってしまいます。

改善方法としては、食事面で言うとなるべく自炊をしましょう。

自炊すれば、外食よりお金も抑えられるし、健康を意識して食事ができます。

それと、運動ですがこれは必須でやったほうが良いです。

キツい筋トレをするわけではなく、1日20分歩くなど時間を決めて、運動すると良いです。

それをなるべく毎日続けて、習慣化すれば運動不足を少しは改善できます。

あるきながらストレッチをするなど、意識的に取り組んでいきましょう。

自ら行動する意欲

自ら行動する意欲がないとリモートワークは厳しいと言えます。

自ら行動するとは

  • 自分が何をやるべきか考える
  • 他に手伝える事はないか考える
  • どれを優先すべきか相談する

など、自ら率先して仕事をすることです。

リモートワークの場合は、指示待ち人間になってしまうと、仕事がなくなります。

これは、個人でやっている人なら当然ですが、企業でリモートワークをしていても同じことが言えます。

リモートワークだと、その人の仕事の進み具合やこなしている仕事の量で判断されます。

仕事の進みが遅い人にわざわざ仕事を頼まないですよね?

なので、率先して自分のすべきことを考えて行動することが大事になります。

まとめ

最後まで読んでくれてありがとうございます。

リモートワークを始めたばかりの頃は、問題点がかなり起こる可能性があります。

ですが、

その問題はどこまで深刻なのか?改善する方法は何があるか?

をしっかり考えるのが大事です。

このように改善を繰り返し、快適なリモートワークで仕事を進めていきましょう。