Webライター初心者

リモートワークでWebライターが継続して作業を続けるコツ

こんにちは。

Webライター初心者が、

「リモートワークだと集中力が持たない・・・」

このような問題は、悩みを抱える人が多いかと思います。

副業でWebライターの業務をしていると、仕事終わりや空いた時間に作業をするので、なかなか継続的に記事を書くことが難しいかもしれません。

そこでこの記事では、

リモートワークでWebライターが継続して作業を続けるコツ

をご紹介します。

では早速、見ていきましょう。

リモートワークでWebライターが作業を続けるコツ

時間を決めて作業を行う

まず、時間を決めて作業を行うようにしましょう。

副業で業務をこなしている人が多いと思いますが、夜の時間なら

8時〜10時は集中してやる

このように時間を決めると、集中して作業を行う事ができます。

仕事をしていると、どうしても夜の時間帯に作業をする人が多いと思いますが、おすすめは朝の時間を活用することです。

朝の時間で作業をすることで、体力が残っているので集中力に違いが出てきます。

気持ち的にも余裕が生まれるので、「追われてる感」を感じにくいです。

集中できる環境を用意する

集中できる環境を用意することも大事です。

例えば、

  • 部屋を区切って作業スペースを作る
  • 漫画やベットなどの誘惑を見えないようにする
  • 作業する机の周りにはパソコン以外何も置かない

など、徹底することです。

記事を書くときは、スマホも誘惑の一つになるので、電源を切るなどの対策をしてみるのも一つの手ですね。

僕の場合は、狭い部屋だと集中できたので、トイレにこもって作業をしたこともあります。笑

それぐらい徹底してやると、集中するというクセができるのでまずはいろいろ試してみましょう。

カフェなどで気分転換する

気分転換するのも大事です。

やっぱりずっと部屋の中で作業をしていると「息詰まり」を感じるので、外の空気を吸うことも忘れないようにしましょう。

外で作業すると、周りの音や人の行動が目に入ってしまい集中できないように感じますが、そんな事はありません。

確かに、気になるときは気になりますが、作業に適したカフェを探すのもまたリモートワークの楽しみでもあります。

最近では、作業ができるように個室になっているカフェもあります。

作業する環境を変えて、気持ちをリフレッシュさせてモチベーションを上げることも大事ですので、ぜひ試してみましょう。

決意表明をする

決意表明をすることも、自分を奮い立たせるいいきっかけになります。

例えば、

  • SNSで毎日の作業内容を呟く
  • ライター仲間を作って報告し合う
  • 周りの友人に宣言する

など、方法は色々あります。

言ってしまえばやるしかないので、「やらなくてはいけない状況」を作るのも継続して記事を書き続けるきっかけになります。

書く記事の内容を考えておく

最初から、どんな記事を書くかある程度、内容を考えておくとスムーズに作業が進みます。

よく、「作業の時間に詰め込んで考える」このような人もいますが、移動時間や空いた時間を有効活用しないのはもったいないです。

移動時間でも、記事の構成をある程度考えて、どんな内容を書くかメモすることはできるし、空いた時間でスマホでも文字を書くことはできます。

パソコンに比べて作業効率は落ちますが、そういった努力も必要になるケースはあります。

空いた時間をいかに、有効活用できないかを常に考えれば、アイディアもかなり出てくるはずです。

まずは、簡単なことでもいいので、作業効率をアップさせることを考えてみましょう。

まとめ

最後まで記事を読んでくれてありがとうございます。

記事を書くのは、確かに大変です。

ですが、その大変な作業をいかに楽にするかを考えながら行動をしないと、いつまでたっても継続して作業をすることはできません。

どんどん改善をして、作業を継続できる体制を整えて行きましょう。