Webライタースキル

Webライターにリライトは必須?リライトする理由やコツを紹介

こんにちは。

「Webライターでリライトは必須なのかな?」

このような疑問を持っている人もいますよね。

結論を言うと「Webライターにリライトスキルは必須」です。

ただ記事を書けるだけではなく、その記事をより良くしていくのはWebライターに撮って必要とされるスキルの一つです。

そこで、この記事では

  • Webライターがリライトをする理由
  • Webライターがリライトをするコツ

この2つについてご紹介します。

では早速、見てみましょう。

Webライターがリライトをする理由

SEOの順位アップ

リライトをする理由の1つは、「SEOでの順位をアップさせる」ことにあります。

SEOでの順位アップをすることができれば、

  • 集客アップ
  • 認知度アップ

になり、結果的に収入や評価に繋がります。

そもそも、Webライターが記事を書く目的の多くが「SEOでの順位取得」なので、最初の記事で満足のいく記事を書くことができればよいのですが、そう簡単にはいきません。

なので、必ずリライトをして記事の改善を行う必要があるのです。

記事の質を高める

記事の質を高めるのもリライトの理由の1つです。

理由は、記事の質が高ければ結果的にSEOの順位が上がりやすくなるからです。

順位が上がる仕組みは色々ありますが、大きく分けると

  • Googleが理解できる記事を書く
  • ユーザーが満足できる記事を書く

この2つに分類されます。

もちろんどちらも大事ですが、まずはユーザーを意識して記事を書くことを優先するべきです。

ユーザーが読んでこどの記事なので、最初はユーザーにとって価値のあるコンテンツを作成して、それでも思うように結果が出なかったら、Googleに評価されやすいように改善していきましょう。

Googleに評価されるためには、いろんなコツがありますが、最初は基本的な

  • タイトル
  • 見出し
  • ディスクリプション
  • 画像
  • 箇条書き

などを意識してみると良いですよ。

ユーザーの行動を改善する

記事は必ずユーザーが読みます。

リライトの目的の一つに、ユーザー行動を改善する事があげられます。

この記事を見に来てくれたユーザーは、その情報をみて行動をしています。

そのユーザーの行動を分析して、改善ずべきコンテンツを見極めましょう。

例えば、

  • 滞在時間が短い
  • 内部リンクがクリックされてない
  • 内部リンクが多いのに直帰率・離脱率が高い

など、自分の中で仮説を考えて数字をチェックしてみましょう。

適切な内部リンクがあるだけで、ユーザーの行動は代わり、リピートして読んでくれる可能性があります。

ユーザーは、どんな時にどんな行動をしたいのかを考え、適切な改善をしていきましょう。

Webライターがリライトをするコツ

リライト前提で記事を執筆する

リライトを考えながら、記事を執筆して最初は6割〜7割ぐらいの完成度で記事をリリースする人もいます。

そうすれば、記事を書く効率も上がるので、いきなり100%の完成度を目指すのではなく、70%ぐらいの完成度を目指して書いてみるのもおすすめです。

その場合、最初のインデックスの状況を見て、必ずリライトを行って100%完成を目指していきましょう。

いきなり100%の完成度で記事を書くのは良いことですが、初心者の場合

  • 継続して記事を書くのが難しい
  • どこを改善すべきかわからなくなる

などのリスクもあります。

最初は、継続して記事を書いていく、そして記事を改善してアウトプットしてスキルアップをしていくのが大事なので、リライト前提で記事執筆を進めてみましょう。

ですが、勘違いしてほしくないのが、「適当に記事を書く」のはNGですので、それだけは頭に入れておきましょう。

あわせて読みたい
Webライター初心者が最初に最低限意識すべき5つのSEO対策こんにちは。 Webライターとして記事を書きたいけど 「SEOとかよくわからんし、何を意識して記事書けばいいの?」 ...

狙いユーザーの洗い出し

その記事の狙いユーザーを洗い出してみましょう。

もしかしたら、その記事がSEOで順位が上がらないのは、狙っているユーザーがズレている可能性があります。

この狙いユーザーがズレると、記事の内容にも大きく影響します。

なので、狙っているキーワードに対して、記事の内容は本当にユーザーの悩みを解決できるものなのかをもう一度考えてみましょう。

リライトにもいろんな方法がありますが、基本的な書き方のコツからまずは実践してみましょう。

あわせて読みたい
Webライターで記事を書くコツとは?誰でもできる簡単5ステップこんにちは。 「Webライターとして記事を書くコツってあるのかな?」 と普段記事を書いているとこんな疑問があるのでは...

参考になる情報を集める

参考になる情報を集めるのも大事です。

そのキーワードで検索した時に、検索結果に出る記事の情報を参考にするのもいいですが、それだけでは情報として不十分です。

なぜなら、その上位の記事より良い記事を書くなら、それを上回る情報や付加価値が大事になります。

狙っているキーワードで、どういった悩みを解決できる記事が多いのかを把握して、そこからどんなユーザーを狙って記事を書くか考察するのは良いと思います。

そこで、自分らしい記事を書くには、競合にない信頼できる情報を書いたり、画像を使用して付加価値を作ったり、悩みによってどんな情報をどのように見せるかを考える必要があります。

そのような記事を書くには、情報を集めなくてはアイディアも生まれません。

まずは、情報を集めてそれらをまとめてどのように記事を書くか、しっかり洗い出してみましょう。

最初は上手くいかないケースもありますが、これは考えてアウトプットしていかないと、身につきにくいスキルなので、どんどんアウロプットをしていきましょう。

まとめ

最後まで記事を読んでくれてありがとうございます。

今回はリライトについてご紹介しましたが、まずは基本的なWebライターのスキルを身につけるのが良いでしょう。

この基本があれば、リライトにも応用として活かせます。

基本がなければ、リライトも適当になってしまう可能性がるので、基本を身につけるためにアウトプットをしてどんどんスキルアップしていきましょう。