Webライタースキル

Webライターで記事を書くコツとは?誰でもできる簡単5ステップ

こんにちは。

「Webライターとして記事を書くコツってあるのかな?」

と普段記事を書いているとこんな疑問があるのではないでしょうか。

Webライターとしてこれから活動を考える人もこういった悩みはありますよね。

そこでこの記事では、

Webライターの記事を書くコツ!誰でもできる簡単5ステップ

をご紹介致します。

では早速、見ていきましょう。

Webライターで記事を書くコツ!誰でもできる簡単5ステップ

【ステップ1】キーワードの検索意図を考える

記事を書く時には、必ず「狙いキーワード」を提示されます。

まずは、このキーワードに対してどんな悩みや願望があるのかを考えていましょう。

その悩みや願望を叶える記事が、このキーワードで検索するユーザーにとって価値のある記事になります。

とにかく最初は箇条書きでもいいので、いろんな視点から書き出してみましょう。

例えば、「旅行 沖縄」で検索している人は

  • 沖縄旅行でおすすめの場所は?
  • 沖縄旅行の行き方は?
  • 沖縄旅行に行くのは何月がベスト?
  • 沖縄旅行の費用は?

など、洗い出してみましょう。

【ステップ2】記事のペルソナを決める

ペルソナとは、記事を書くユーザーがどんな人物なのかを設定することを指します。

設定する項目は

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 年収
  • 趣味
  • ライフスタイル

など決めておくと、より記事を書く時にイメージが膨らみます。

ペルソナを設定する理由としては、

より記事を読むユーザー像をイメージできて、情報の質を高められる

からです。

初心者が記事を書くときは、どんなユーザーに記事を書くべきか方向性がズレてしまう可能性が高いので、必ずペルソナを設定して心に刺さる記事を作成しましょう!

【ステップ3】記事のタイトルを決める

ペルソナが決まったら、記事でかなり重要なタイトルを決めましょう。

タイトルを最初に決める理由としては

  • どんな記事を書くか方向性がきまる
  • タイトルと記事のズレが少なくなる

この2つです。

後からタイトルでも良いんですが、内容とタイトルがブレる可能性があるのと、内容を詰め込みすぎて、どこを見てもらいたいのかわからなくなってしまう可能性があるからです。

タイトルは、SEOでも重要になるのでしっかりユーザーを考えて付けるようにしましょう。

【ステップ4】見出しを決める

タイトルが決まったら、どんな記事の構成にするか見出しを作り込んで行きましょう。

書きながら見出しを作っていく人もいますが、まずは構成を考えたほうが全体像をイメージできるので記事が書きやすくなります。

見出しを作るコツは、最初に出した検索意図からどんな情報がほしいかを考えることです。

検索意図は、この記事を読むユーザーの悩みや願望なので、その検索意図から見出しを考えるとまとまりの良い見出しになります。

【ステップ5】記事の内容をざっくり決める

見出しができたら、どんな内容を書くかざっくりで良いので決めましょう。

各見出しの下の、箇条書きでどんな情報を書いていくのかを書いてみましょう。

これをする理由は

  • 同じ内容を書くことを防止できる
  • 悩まずに記事執筆ができる

です。

最初の頃は、各見出しで同じような内容を書いてしまうことがよくあります。

記事を書く内容も悩んでしまって、なかなか進まないなんてこともよくあります。

なので、記事の各見出しにどんな内容を書いておけば、内容がかぶる可能性も低くなるし、被っていれば早めに気づくこともできます。

まとめ

最後まで見てくれてありがとうございます。

記事を書くコツは他にもいっぱいありますが、まずは基本を抑えてから自分なりにアレンジをして書いていくのが良いでしょう。

最初から、オリジナルの書き方でも上手くいく人もいますが、まずは基本を抑えた方がアレンジしやすくなります。

記事を書くコツは、いろんなところに情報として落ちているので、どんどん真似して書いてみましょう。