Webライタースキル

Webライターでキャリアアップする方法とは?目指すべきキャリア

こんにちは。

「Webライターでキャリアアップするにはどんなキャリアを目指すべき?」

このような疑問を持つ人も多いですよね。

Webライターは記事を隠し事ですが、キャリアアップする方法はもちろんあります。

ですが、どうキャリアップすべきかわからない人もいますよね。

そこでこの記事では「Webライターでキャリアアップする方法」をご紹介します。

では早速、見ていきましょう。

Webライターでキャリアアップする方法とは?

ライティングを極める

最初に思い浮かぶのが、ライティングを極めることだと思います。

ただ、記事を書くだけではなく、

  • どうすればSEOで順位が上がりやすくなるか
  • どのような記事ならユーザーは満足するか
  • どんな情報でどのように紹介すれば付加価値が高いか

など、ライティングに必要なスキルを高めることです。

ライターなので、ライティングをすることは当たり前なので、そこにどんな付加価値を持つかが大事です。

日本語を正しく、読みやすいように書くのが得意なのか
ユーザーの悩みを考え記事の構成を考えるのが得意なのか

このような、「自分の強み」を持てると、Webライターとしてキャリアアップすることができます。

リライトで記事を改善する

リライトは、すでにリリースされている記事を修正することを指します。

リライトは

  • その記事にどんな問題があるのか
  • どのように改善するとその問題は改善されるのか
  • もっと他に必要な情報はないか

など、その記事の問題を見極めて、より良い方向に記事を修正する必要があります。

これも、SEOをある程度理解していて、記事の執筆経験が多く、知識や情報を多く持っている人がリライトでも優位になります。

スキルや経験が多ければ、それだけ改善案も見つかるし、自分の中で「どこを改善すべきだ」と仮説を持つこともできます。

仮説があるのはとても大事で、これがないと手当たりしだいに改善を進めて、その結果もどこを改善して良くなったのかわからなくなってしまいます。

仮説があれば、ピンポイントで改善することができて、その結果を検証することも簡単にできます。

記事は書けるけど

「どのようにリライトするかわからない・・・」

このような人が多いので、このリライトを極めればキャリアアップに繋がります。

SEO編集者を目指す

SEO編集者とは、1つのWebメディアの編集を担当する業務です。

これは、SEOのスキルだけではなく、今までどのような経験があるかが大事になります。

そのWebメディア全体の問題点を見つけ、どのように改善をしていくのかが求められます。

そのWebメディアの集客状況はどうか
キーワードは正しく選定されているか

など、Webメディア全体の改善をしていく業務内容で、先程リライトでも話した「仮説検証のスキル」も必要とされます。

コンサルタントを目指す

Webライターを教育するキャリアもあります。

これからWebライターを目指す初心者の人にアドバイスをしたり、スキルアップのお手伝いをするのが主な仕事内容です。

これも、豊富な知識と経験がないとこなすことは厳しいでしょう。

ですが、人に教えられるスキルは、Webライターに限らず他の業種でも重要なスキルになります。

勉強会を開催したり、最近ではオンラインサロンなどでコンサルとしてスキルアップをお手伝いする方法もあります。

なので将来的には、こういった働き方を目指す人は多いです。

情報発信をする

自分で情報を発信する方法もあります。

これまでの経験や実績を、個人ブログやSNSで発信をして情報を提供することです。

情報発信することで、自分のスキルも磨かれるし、何より人のためになると考えるとモチベーションが上がります。

そもそも、記事を書くのは

「悩みを持つユーザーを救う」

が目的の一つでもあるので、やりがいは感じられますね。

どんどんスキルを発信することで、自分のスキルを棚卸しすることができます。

スキルの棚卸しをすると「自分の強み」を再発見できる可能性があるので、どんどんスキルの発信をしてみましょう。

まとめ

最後まで記事を読んでくれてありがとうございます。

今回は、Webライターのキャリアアップについてご紹介しました。

Webライターは今回、紹介したキャリアの他にも、色々あります。

  • 本の編集者
  • 広告のキャッチコピー

など、Webライターから自分の強みを活かしてキャリアアップを成し遂げている人も多くいます。

ぜひ、自分が目指すべき目標を決めてスキルを磨いていきましょう。