Webライタースキル

Webライターは文章力が命?初心者が文章力を鍛えるための方法

こんにちは。

Webライターを始めたばかりの初心者の人は

「文章力をアップさせるためにはどうすれば良いの?」

と悩んでしまう人も多いですよね。

Webライターは、文章を書いて記事を構成していくのが基本的な業務なので、文章力は命と言っても過言ではないでしょう。

そこで、この記事では

  • Webライターは文章力が命
  • Webライターが文章力を鍛える方法

この2つをご紹介します。

では早速、見ていきましょう。

Webライターは文章力が命

文章がなくては記事は意味がない

Webライターは文章を書く仕事で、記事の内容がなくては意味がありません。

文章があるから、ユーザーが読んで情報を得ています。

その文章を読んで、情報を得たユーザーは行動に移すことができます。

なので、Webライターは自分で書いた文章に責任を持たないといけません。

なぜなら、その情報でその人の人生が大きく変わる可能性があるからです。

良くも悪くも、その情報次第でその人の人生が大きく変わる可能性があるので、文章力を鍛える事はとても重要になります。

その人の人生と聞くとあまりイメージできないかもですが、それぐらい大事だと言うことを覚えておくと、書く内容も変わってきますね。

文章力で伝わり方が変わる

文章力で、その情報の伝わり方も大きく変わってきます。

その情報をしっかり伝えようとして長い文章になってしまえば、要点が伝わりにくくなってしまうし、逆に短すぎても情報が伝わらない可能性もありますよね。

ユーザーのことを考えて文章を考えるのであれば、短くて理解できる文章が理想ですよね。

この文章力は、センスが必要と思っている人がいますが、鍛えることができます。

なので、諦めずにコツコツ鍛えていきましょう。

Webライターが文章力を鍛える方法

書いた文章を読み返す

まず、最初にできる鍛え方は、自分で書いた文章を読み返してみましょう。

読み返すことで、自分の文章のクセを見つけることができます。

例えば

また、文章力は年齢に関係なく鍛えることができます。
また、文章力を鍛えると収入アップにも繋がります。

この例のように「また」を連続して使っているし、使い方を間違っていることに気づくことができます。

こんな感じで、文章を読み返すとその他にも自分の文章のクセや間違いを発見できるので、読み返すクセは付けておきましょう。

このクセに気づくことが大事で、クセが分かればそれを改善することができます。

短い文章で伝える

短い文章でその情報を伝える練習をしてみましょう。

これは難しいのですが、自分で文章量を決めて練習してみるのが良いです。

例えば、ただの水を

300文字以内で「みんながほしい」と思えるように伝える

このような練習をすると効果的ですね。

300文字って文章を書いているとあっという間に埋まってしまうので、何を伝えるべきか要点をまとめる力を鍛える事ができます。

自分の身近にあるもので、チャレンジしてみましょう。

それを第三者に読んでもらって、感想を聞いてみるとより良いです。

小学生でもわかるを意識する

これは、Webライターではよく耳にする情報ですが、小学生でもわかる文章は本当に難しいです。

専門的な情報になると、書いている人はその情報を知っているので、初心者の目線がなくなってしまう場合がよくあります。

例えば、「SEO」や「Web」なども、初めてこの言葉を耳にする人は全くわからないですよね。

ですが、記事を書く人はなんとなく「SEO」や「Web」という言葉を知っているので、自分が理解できる言葉で書いてしまうんです。

これを、小学生がわかる言葉で説明するのは難しいですが、なるべく誰でもわかる例えなどを使って、理解できるように情報を提供することを心がけましょう。

まとめ

今回は、Webライターは文章力が大事だと言うことをお伝えしました。

文章の表現方法は色々あります。

自分の個性を出した表現の方法もありますが、まずはしっかり基本的な文章力を磨いてきましょう。

基本的な文章力とは

誰が読んでも理解できる文章」

これを意識して文章を書いていきましょう。