Webライター初心者

これだけはやめとけ!Webライター初心者におすすめできないジャンル

こんにちは。

Webライター始めたいけど

「初心者はどのジャンルを選ぶべきかなー?」

このような疑問を持つ人は多くいますよね。

何も知らずに、収入だけでジャンルを選んでしまうと、記事を書くのが余計辛くなる可能性があります。

そこで、この記事では

  • Webライター初心者におすすめできないジャンル
  • 逆にWebライター初心者におすすめのジャンル

この2つについてご紹介します。

では早速、見てみましょう。

Webライター初心者におすすめできないジャンル

医療系・健康系

医療系や健康系は、その人の人生や今後の生活に大きく関わる情報です。

その情報を見て行動した人が、健康が悪くなってしまったら責任を取れませんよね?

その知識が豊富な人や経験がある人は、書いてもいいと思いますが、初心者には難しい内容でしょう。

専門性の高い技術系

技術系とは、専門的な技術が必要ジャンルです。

プログラミングスキルなどのような、専門的な技術を使って何かを作るような情報は、内容が間違っていては、情報を発信する意味がありません。

なので、そういった技術がある人は別ですが、全くの初心者が調べて情報を発信できるものではありません。

自分のブログで、学習しながら発信してアウトプットするなら話は別ですが、企業から依頼された案件は正確正が大事になるので、Webライター初心者には難しいでしょう。

調べるのに時間がかかるジャンル

Webライターは、記事を書く前にそのジャンルの情報をある程度調べてから記事を書くケースが多くあります。

ですが、Webライター初心者にとって、この情報を調べる行為がネックとなって挫折してしまう人が多くいます。

なので、その知識がある人や経験がある人は、この調べる行為が少なく済むので、初心者でも記事を書きやすくなるんです。

全く知らないし興味もないジャンルは、初心者のうちはなるべく避けるべきでしょう。

そのジャンルに興味や関心があれば、調べてもそこまでネックにはならないので、得意ジャンルや経験があまりない人は、そういったジャンルから記事を書いてみましょう。

逆にWebライター初心者におすすめのジャンル

経験がある・知識が豊富なジャンル

先程も紹介しましたが、経験や知識が豊富なジャンルはWebライターとして有利になります。

なぜなら、ネットには落ちていない情報を知っている可能性があるからです。

基本的に、Webライターは記事を書く前にネットで情報を調べてそれを分かりやすくまとめて書いていきます。

ですが、ネットの情報はいわば基礎的な情報で、それにプラスして誰も知らないかつ、調べても出てこない情報があると、そのユーザーに取って有益な情報になります。

今では、ネットで調べればある程度の情報はてにはいりますが、実際の体験などはその人が感じた内容なので、様々な意見があります。

実際に体験した内容は、かなり有益となりますので有効活用しましょう。

自分が楽しめるジャンル

Webライター初心者の人に

「どのジャンルがおすすめですか?」

とよく聞かれますが、結局は自分が楽しめるジャンルが一番良いです。

理由としては、楽しみながらワクワク感がないとWebライターを続けるのは難しくなるからです。

経験豊富なジャンルはもちろん、そういった経験がない人は興味のあるジャンルやもっとそのジャンルの情報が知りたいジャンルを選ぶと良いでしょう。

興味がるジャンルや詳しくなりたいジャンルは、記事を書く前に情報を調べる必要がありますが、その調べる行為が苦にならないです。

自分はどんなジャンルに興味があるか、まずは紙でもいいので書き出してみましょう。

そこから絞って、Webライターのジャンルを選んでみましょう。

インタビューにチャレンジ

インタビュー記事は、企業の人やそのジャンルで活躍する人に話を聞いて、それをまとめた記事です。

ですが、インタビュー記事はその人の伝えたい内容や表現をまとめて伝えなくてな意味がないので、初心者には難しく感じるかもしれません。

企業によっては、インタビューをする人が用意されていますが、自分でインタビューを行うケースもあります。

そこがまたインタビューの難しいとことで、コミュニケーションや相手の話をどこまで引き出せるかは、そのインタビューする人にかかっています。

ですが、このインタビューのスキルはWebライターとして記事を書く上でも大事なスキルになるので、インタビュー記事にチャレンジする価値は大いにあります。

レビュー記事

レビュー記事とは、そのサービスやモノを実際に使ってみて、その感想をまとめた記事です。

これは、初心者でも始めやすいジャンルですね。

ですが、このサービスをどんな人が使っていて、どんな情報を欲しがっているのかを考えるのが難しいですね。

初心者でも始めやすいですが、どんなユーザーにその情報を届けたいのかはしっかり考えてから企画をまとめましょう。

まとめ

最後まで見てくれてありがとうございます。

いかがでしたか?

今回は、Webライターにおすすめのジャンルについてご紹介しました。

いろんなジャンルがありますが、一番は自分が楽しめるジャンルを選ぶのが大事です。

楽しみながらWebライターしてスキルを伸ばして、収入をアップしていきましょう。