Webライター初心者

Webライターで稼げる人と稼げない人の違いは?稼ぐために意識すること

こんにちは。

Webライターを始めたけど、

「稼げる人と稼げない人って何が違うの?」

このような疑問を持つ人は多いですよね。

実際、自分もWebライターを始めたばかりの頃は、全然稼げなかったし、どうすれば良いかわからなかったです。

そこで、この記事では

  • Webライターで稼げる人と稼げない人の違い
  • Webライターが稼ぐために意識すべきこと

を簡単にですが、まとめています。

では早速、見ていきましょう。

Webライターで稼げる人と稼げない人の違い

【稼げる人】必要なスキルを理解している

まず、Webライターに必要なスキルを理解しているのは強いですね。

ただ記事を書いているだけの人と、どのスキルを磨けばWebライターとしてうまくいくかを分かっている人では、成長のスピードが全然違います。

いち早く自分の強みに気づける人も、その強みを使って営業して、高単価の案件をどんどんとっています。

ただ必要なスキルを磨くだけでなく、自分の課題をしっかり把握してその課題に対して何ができるのかを考えて、取り組むと向上力がアップします。

【稼げない人】案件の単価だけ見ている

稼げない人は、単価にばかり目がいってしまい、自分のスキルがどのくらいなのか気づけていない人です。

単価に目がいってしまうのは、誰でもありますが、その案件が自分に合っている条件かを判断することも大事になります。

自分の強みに気付いていれば、その案件に対してこちらから提案もできますし、単価交渉もできます。

まずは、自分の今のスキルはどうなのかを再確認して、課題と向き合ってみましょう。

その課題を解決するためには

  • 何をすべきか?
  • 今の自分には何ができるのか?

を考え、スキルアップをしていきましょう。

Webライターが稼ぐために意識すべきこと

Webライター初心者が、今後稼げるようになるために意識すべきことを紹介します。

現在、Webライターとして案件を獲得しているけど「なかなか稼げない」と思う人にもおすすめの内容です。

そもそも、初心者がWebライターで収入を得る方法を知りたい人はこちらの記事をチェックしてくださいね。

あわせて読みたい
【未経験必見】Webライター初心者がスキルアップして収入を得る方法こんにちは。 今回は、初心者Webライターがスキルアップをして収入を得る方法をご紹介します。 初心者の人がWebライターとし...

何を必要とされているのか理解する

Webライターの案件があるってことは、それを依頼している企業がありますよね。

その企業が何を求めているのかを知ることができれば、どんなスキルを磨くべきかが何となく見ててきます。

企業が求めるモノは

  • 結果にすぐ繋がる
  • 他にはない有意義な情報
  • SEOを意識して構成された文章

他にも色々ありますが、こんな感じですね。

その企業によっても結果の定義は違いますが、結果にすぐ直結するアウトプットを量産してくれるWebライターは重宝されますよね。

なので、そのメディアのサービスなどをみて、何を求めているのかを考えて、自分の強みとマッチするかを考えてみましょう。

自分には何ができるのか理解している

上の話にも繋がるんですが、その企業が求めているモノが分かったら、その求めているモノに対して自分は何ができるのかを考えてみましょう。

例えば、そのメディアが旅行の情報を発信しているメディアで、自分に旅行の経験が多いのであれば、それを提案して条件の交渉や継続案件をもらったりと、戦略を考えることができます。

そのメディアに対して、どんな価値を自分は生み出せるのかを提案してもらえれば、その案件を担当している人もありがたいです。

スキル習得の努力をしている

Webライターとして稼ぐためには、スキルアップをしていかなくては厳しいでしょう。

得意なジャンルの知識を伸ばしたり、見出しの構成を作るスキルを伸ばしたりと、やっぱり自分の強みがあると、高単価の案件は獲得しやすいです。

他にも、タイトルがかなり得意な人は、タイトルを考えるライターにだってなれるし、日本語が上手い人は、文章をチェックするライターにだってなれます。

何か1つ、自信が持てるスキルを身に着けておくとそれだけで、案件獲得の方法は広がります。

もちろん、Webライターのスキルを全て極めるのも悪いことではありません。

むしろそれができたら最高です。

ですが、それは時間がかかることだし、初心者の人には難しいので、まずは1つ得意なスキルと作ることをおすすめします。

自分の課題を解決する意思

Webライターをしていると、なかなか納品までできずに何度も修正をすることがあります。

その時に、自分の課題にしっかり目を向けて

  • どこが悪かったのか?
  • どうすればよかったのか?
  • このスキルを磨くためにはどうすればよいか?

をしっかり考え、次に活かしていきましょう。

Webライターは、始めた頃は単価も低いので、早く納品してどんどん案件をこなしたくなるんですが、それだと記事の質が落ちてしまう可能性があります。

質の低い記事は、相手の評価も下がってしまうし、修正などの工数も発生するので余計な時間がかかってしまい非効率です。

なので、自分の課題を解決できるようにチェックは必ずしましょう。

これをしないと、Webライターとしてスキルアップは遅くなってしまうし、単価を上げることも難しいでしょう。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

初心者からいきなり、単価に目がいってしまうと、スキルもなかなか伸びず案件獲得もできないまま、挫折してしまう人が多くいます。

そうならないためにも、自信が持てるスキルを1つでも身につけ、戦略的に案件を獲得するのが今後も継続してWebライターの案件を獲得し続けるコツでもあります。

最終的には、その得意なスキルを活かしながら、案件を獲得してWebライターとしてのスキルをアップしていきましょう。