Webライター初心者

Webライターが単価を上げるためにすべき4つの戦略を大公開

こんにちは。

Webライターとして案件を取り始めた人や、これからWebライターとして案件を獲得しよと考えている初心者の多くの人が

「Webライターの単価ってどうやって上げるの?」

このような疑問を持っていると思います。

Webライターを始めたばかりの頃は、単価が低くしんどい思いをしている人も多いですよね。

Webライターを始めたばかりの頃は、単価は決して高くはありません。

しかも、継続して記事を書いていれば単価が上がるわけでもありません。

そこで、この記事では

  • Webライターが単価を上げるためにすべき4つの戦略
  • Webライター初心者が単価を上げるためにすべきこと

この2つについてご紹介します。

単価を上げる方法やコツを知ることができれば、収入も増えるのでぜひ、最後までこの記事を読んでくださいね。

Webライターの収入が気になる人は、詳しく紹介している記事があるので、そちらをチェックしてくださいね。

あわせて読みたい
Webライター初心者の収入ってどのくらい?収入を上げる5つのコツこんにちは。 Webライターをこれから始めたい初心者の人にとって、「どのくらい収入があるのか?」は気になる項目の一つではないでしょ...

では早速、見ていきましょう。

Webライターが単価を上げるためにすべき4つの戦略

文字単価の交渉をする

まず、最初に思い浮かぶのが「単価交渉」ですね。

単価交渉は、提示されている単価に対して単価の見直しを依頼する方法です。

ですが、こちらの方法はスキルと実績がなくては、なかなかしにくいですよね。

でも、相談しないことには単価は上がりません。

なので、実績やスキルがある程度身についてきたら単価交渉の相談をしてみましょう。

単価交渉するときは、今までの実績や単価を提示するのはもちろんですが、自分の強みなんかも言えるといいですね。

実績が提示できるポートフォリオを用意しておくと、スムーズに話が進みますよ。

継続案件を獲得して単価交渉をする

こちらも単価交渉なんですが、先程紹介した方法とは少し違います。

その違いは、継続的に依頼を受けて実績を作ってから単価を交渉する方法です。

継続的に同じ企業から案件を受けることで、その企業での実績と信頼を獲得できます。

今までの実績と信頼で単価交渉するほうが、成功確率は上がりますよね。

この方法は、そもそも継続案件を獲得しなくてはいけないし、実績を信頼を得るまでに時間はかかります。

ただ、確実に単価交渉を成功させたいならこの方法がおすすめです。

スカウト案件を獲得する

スカウト案件は、企業から「この案件をやってほしい」と声をかけていただく方法です。

他の案件とは違い、単価が高めなのと自分で案件を探さなくて良いメリットがあります。

スカウトをもらうためには、そのWebライターが信頼できてスキルがるのかが大事になるので、それをアピールできる環境を整える必要があります。

色々方法はありますが、

  • プロフィールを充実させる
  • SNSでWebライターの実績を呟く

などがあげられます。

今では、SNSでもスカウトがくる時代なので、Webライターとしての実績や経験を呟くと良いでしょう。

自分のスキルを売り込む

自分のスキルを売り込む方法もあります。

こちらも方法はいっぱいありますが

  • SNSでスキルをアピール
  • ココナラでスキルを出品する

こちらの方法が手軽にできる方法です。

ココナラは、すでに知っている人も多いかと思いますが、自分のスキルを売り込むことができる、オンラインマーケットです。

こういった場所で、自分のスキルを売り込むのも1つの方法です。

コツとしては、自分の強みを売るといいでしょう。

  • このジャンルの実体験があります
  • 週に10本の記事を執筆可能
  • 英語の翻訳ができます

このように、他ではなかなか見つからないスキルを売り込むことができれば、需要は高いと言えます。

ぜひ、1度チャレンジしてみましょう。

Webライター初心者が単価を上げるためにすべきこと

案件のチェックは必ず行う

クラウドソーシングの案件はチェックするように心がけましょう。

なぜなら、案件は入れ替わりが激しく、いい案件があるとすぐに定員が埋まってしまいます。

いち早く、そういった案件に気付けるようにしておきましょう。

案件を見るクセをつければ、いい案件と微妙な案件の見分けができるようにもなるのでおすすめです。

新規案件が出たら、通知がくるように設定をしておけば、いち早くその案件に気づけるので、設定を忘れないようにしましょう。

最初は安い案件でもコツコツやる

Webライター初心者は、まず実績を作ることを意識しましょう。

いきなり単価を意識してしまうと、なかなか案件獲できずに挫折してしまいます。

いい案件に応募したとしても、経験のあるWebライターも多いので選考で落とされてしまう可能性が高いです。

その点、単価の安い案件はライバルも少なく、案件を獲得しやすいので、実績とスキルを磨きやすいです。

単価を気にしてしまう気持ちもわかりますが、まずは案件獲得が最優先です。

初心者の場合、案件を獲得できないと実績も詰めないので、どんどん安い案件でもチャレンジしていきましょう。

実績ができたらポートフォリオを作る

案件をこなして、実績をスキルが身についてきたら、ポートフォリオを作るようにしましょう。

単価交渉や、スカウト案件の獲得にも繋がりますが、自分のスキルチェックや強みを見つける意味でも、ポートフォリオの作成はしたほうが良いと言えます。

最初は、スキルや実績の確認ができれば良いので、「誰が見ても分かる」を意識して作ると良いでしょう。

まとめ

最後まで見てくれてありがとうございます。

いかがでしたか?

勝手にWebライターの単価が上がるわけではないので、コツコツと実績を積んでいき、単価を上げる努力をしていきましょう。

最初は収入が低くて、そこで諦めてしまう人が多いのも事実ですが、継続できればその分、単価アップを実現できる可能性もあります。

一気に単価がなかなか上がらず、最初は地味な作業に感じるかと思いますが、Webライターをやっている目的を忘れず、一緒に頑張っていきましょう。