Webライタースキル

Webライターに将来性はあるのか?初心者が身につけるべきスキル

こんにちは。

Webライターをこれからやりたいと考える人にとって、

「Webライターって将来性どうなの?」

このように疑問に思う人もいるかと思います。

初心者でも「稼げるようになる」などの言葉もよく耳にしますが、実際のところはどうなのかわかりませんよね。

それにはちゃんとした理由があって、それを理解しないで安易な気持ちで始めてしまうと、結局稼げづにやめてしまうパターンになってしまいます。

そこで今回は

  • Webライターに将来性はあるの?
  • Webライター初心者が将来性を高めるために必要なスキル
  • Webライターが将来的に目指すべきキャリアとは?

この3つの内容をご紹介します。

では早速、見ていきましょう。

Webライターに将来性はあるの?

【結論】Webライターに将来性はある

結論から言うと、Webライターには将来性があると言えます。

ただ、厳しい現実はあります。

どの仕事でもそうですが、簡単に稼げるなら誰でもやっていて、日本でももっと稼いでいる人が多くなるはずです。

ですが、現実は違いますよね。

Webライターは初心者でも、参入しやすいのは事実ですが、誰もが簡単に稼げるようにあるわけではないので、そこは勘違いしないようにしましょう。

【収入】正直初心者はしんどい

Webライターを始めたばかりの初心者は、正直言ってしんどいと思います。

最初は、決して単価が高くないので、これから目指すのあればそれだけは頭に入れておきましょう。

Webライターの収入に関しては、別の記事で紹介しているのでそちらをチェックしてください。

あわせて読みたい
Webライター初心者の収入ってどのくらい?収入を上げる5つのコツこんにちは。 Webライターをこれから始めたい初心者の人にとって、「どのくらい収入があるのか?」は気になる項目の一つではないでしょ...

【働き方】在宅など自由度が高い

Webライターの働き方は、将来的に考えれば理想の働き方ですね。

Webライターの案件は、在宅で行うものがほとんどで、働く場所は自由に決められるのがメリットです。

今回のコロナ騒動で、働き方に対しての考え方も変わった人が多くいます。

今後、こういったパンデミックがいつ起こるかわからない状況で、在宅で仕事ができるのはとてもありがたいことです。

将来的に、こういったリスクに対して対応ができる部分を見ると将来性は高いと言えます。

【需要】AIに奪われる可能性も?

Webライターは文章を書く仕事でもあります。

最近では、AI(人工知能)に仕事が奪われるなんて衝撃を受ける言葉も耳にするようになりましたよね。

Webライターも、AI(人工知能)に奪われるのでは?

と不安がある人もいますよね。

飲食店なんかでも、受付にロボットを使っている企業も増えてきました。将棋でもAIがプロに勝つなど、話題を生みましたね。

ですが、それはある程度、動きに予想が立てられるからです。例えば、飲食では

  • 注文をもらう
  • お会計をする

など、必ず必要となる動きです。将棋の場合でも、「こう動いたらこう動く」みたいな予想は立てられますよね。

AIは食事中のトラブルなどには、まだ対応できていないのが現状です。

その点で見ると、Webライターはそんな単純な作業ではありません。ただ、AI(人工知能)もどういった記事を書くべきかは、ユーザーの行動データである程度の予測はできるようになってきてます。

ですが、記事の構成も文章も、その記事を書くためのキーワードによって変わりますし、何を求められているのか特定することは難しいです。

今後は、AI(人工知能)がユーザーのデータを元に出した、情報を参考にその記事の構成を作っていく流れになる可能性もありますね。

それと、Webライターの需要が低くない証拠は、Webライターの求人数を確認してみると確認できます。

引用元:クラウドワークス

クラウドワークスを参考に求人数を出した結果、ライティング・記事作成の案件数は2800件ありました。

この結果を見ても、需要はまだまだありますね。

【スキル】難易度は高まってきている

Webライターに求められるスキルは、どんどん高まってきているのが現状でしょう。

ただ文字を書けるだけではなかなか案件獲得できないし、獲得できても継続的に案件をもらうのは厳しくなっていきます。

その理由が、Googleの記事に対する評価が厳しくなってきたのがあげられます。

このGoogleに評価をしてもらうためのスキルがSEOなんですが、これが難しくなってきている印象です。

提示されている案件のほとんどが、SEO対策をしてGoogleの検索エンジンで上位を目指すことなので、これを叶えられるスキルが求められます。

その一つに、独自性のある情報です。これまで自分が得た経験や知識などが記事になれば、

「他の記事にはない、価値の高い情報」

が生まれ、Googleにも評価される可能性があります。

そういった情報を活かしながら、Webライターとして戦略的に案件をこなしていけば、市場価値の高い人材を目指すことも可能とあるでしょう。

Webライター初心者が将来性を高めるために必要なスキル

記事の編集ができるスキル

Webライターとしての経験が増えて、スキルが身についてきたら編集スキルを身に着けましょう。

ここで言う編集スキルとは、記事をより良いモノに改善することを指します。

これをリライトとも言うのですが、現状の記事の問題点を探してどのように修正するか考えるスキルです。

SEOの視点から

  • 記事の内容
  • タイトル・見出し
  • 記事の冒頭分
  • 狙っているキーワード

など、あらゆる視点から改善点を見つけ出し、改善するスキルが求められます。

これは、Webライターとしての経験とSEOの知識が求められるので、難易度は高くなりますが、習得は決して無理ではないので、意識してスキルアップを目指していきましょう。

記事の構成を考えるスキル

Webライターにとって、記事の構成を考えることはかなり大事なことです。

なぜなら、この構成によってどんな記事になるかが決まるからです。

提示されている案件の多くは、構成がすでにできていて、その構成に沿って内容を埋める者が多いかもしれませんが、この記事の構成を考えれれる人は重宝されます。

記事の構成を考える上で大事なのは

  • そのキーワードはどんな人が検索しているのか?
  • このキーワードで検索する人の悩みは?
  • その悩みを解決するにはどんな情報が必要か?

など、そのキーワードに対しての理解度が求められます。

最初は難しいかもしれませんが、経験を詰めばどんどん磨かれるスキルなので、意識的に考えるように心がけましょう。

おすすめとしては、もらった案件の構成がすでにできている場合は、「なぜこの構成になったのか」を考えることです。

ぜひ、試してくださいね。

キーワードを管理できるスキル

キーワードを管理するスキルも今後は必要になってきますね。

なぜなら、SEOはキーワードが命と言っていいほど重要だからです。

Webライターとして記事が書けるだけではなく、どんなキーワードで記事を書いていくかを考えられるといいですね。

そのブログには、必ずどんなユーザーを狙っているのか「ペルソナ設計」がされています。

  • そのペルソナに合ったキーワードはどれか
  • どのキーワードから記事を書くべきか

など、そのブログに対するキーワードを管理するスキルも求められます。

副業でWebライターを目指す場合は、そこまで求められるのは稀かもしれませんが、フリーランスなどを目指すのであれば、必要となるスキルなので覚えておきましょう。

Webライターが将来的に目指すべきキャリアとは?

Webライターコンサルタント

ここで言う、Webライターコンサルタントとは、記事の書き方を教えることのできる人を指します。

他にも言い方はありますが、ここではWebライターコンサルタントで統一します。

自分のスキルが、どこまで上がったのかを測る方法として

「Webライターのスキルを、他の人に教えられるのか?」

があります。

SEOというスキルが一般的に知られるようになって、このスキルを求める企業や個人が増えたのも事実です。

そういった、スキルを求める人に記事の書き方や考え方を教えるのが、Webライターコンサルタントです。

人に教えることで、知識の整理ができて文書でも大事な「より分かりやすく伝えるスキル」を身につけることもできます。

もし、他の人に教えるのが好きな人は、Webライターコンサルタントを目指してみましょう。

Webメディア編集者

Webメディア編集者は、記事の編集をするだけではなく

  • そのメディアの抱える問題を洗い出す
  • 数値を分析してどう改善するか考える
  • 記事の順位や数値の管理
  • どんな記事を書いていき、どの記事を修正すべきか

など、そのメディア全体をみて問題点や修正案を考える人を指します。

分かりやすく言うと、Webライターにどんな案件を依頼するのかを考える立場の人です。

正社員の人がやっているイメージはありますが、企業によってはフリーランスの人が活躍してるケースもあります。

経験とスキルは必要になりますが、収入をアップさせるためには目指したい働き方ですね。

Webライターディレクション

Webライターディレクションは、実際にWebライターの人に業務を依頼したり、その納期の設定や進捗確認をする人を指します。

その他にも、Webライターの人が書いた記事に対して内容の確認や修正点を指摘したりアドバイスをします。

これは、SEOを理解している人や記事の内容を理解して、それを的確にアドバイスできるスキルが求められます。

まとめ

最後まで記事を読んでくれてありがとうございます。

いかがでしたか?

Webライターの将来性はないなどの情報もありますが、決してそんなことなく、それを理解した上で、目指すべきか判断しましょう。

初心者の人でも参入しやすいのは確かですが、努力をしなくては収入を増やすことは難しいということは、しっかり把握しましょう。

せっかく目指しているのに

「続けていく自信ないなー」

と思う気持ちはわかりますが、やってみなくてはそれが本当に無理なのかわからないので、まずは行動してみましょう。

これからWebライターを目指す初心者の人におすすめの記事があるので、そちらをチェックして、まずは行動に移しましょう。

あわせて読みたい
初心者がWebライターになるには?スキル習得にはアウトプットが必要こんにちは。 Webライターになりたいと考えている人の中には、まずインプットを重視する人が多くいます。 もちろんある程度の知...