Webライター初心者

Webライターがフリーランスになるには?目指すための5つのポイント

こんにちは。

Webライターとして、案件すでに獲得している人やこれからWebライターを目指したいと考えている人で

「Webライターでフリーランスを目指せるのかな?」

このような疑問を持つ人は結構多くいます。

そこでこの記事では

  • そもそも本当にフリーランスになれるのか
  • どのようにフリーランスになるべきか
  • 必要なスキルは何か

を分かりやすく解説していきます。

これからWebライターでフリーランスを目指す人にとって有益な情報となるので最後まで見てくださいね!

では早速、見ていきましょう。

そもそもWebライターがフリーランスになれるのか?

【結論】Webライターでもフリーランスになれる

結論を先に言うと、Webライターでもフリーランスになることは可能です。

可能というか、Webライターは副業に向いている業種と言えます。

理由としては、クラウドソーシングで案件獲得しやすいのと、在宅案件がほとんどだからです。

まずは、副業で働きながら最終的にはフリーランスWebライターとして働いている人も多くいます。

しかも、初心者からでもWebライターは参入しやすいので、狙い目の業種といっていいでしょう。

【事実】なるまでが結構大変

Webライターでフリーランスになることは可能と紹介しましたが、簡単になれるわけではありません。

Webライターでフリーランスになっている人の多くは、しっかり実績を残していることです。

初心者からいきなりWebライターでフリーランスを目指すことは不可能ではないですが、リスクが大きいですね。

なぜなら、Webライターの報酬は実績がないと低いからです。

収入が低いのに、Webライターでフリーランスになっても収入が不安定になり、生活が厳しくなってしまう可能性があります。

Webライターの収入についてはこちらの記事で紹介しているのでチェックしてください。

あわせて読みたい
Webライター初心者の収入ってどのくらい?収入を上げる5つのコツこんにちは。 Webライターをこれから始めたい初心者の人にとって、「どのくらい収入があるのか?」は気になる項目の一つではないでしょ...

なので、初心者がWebライターでフリーランスを目指すには「実績とスキル」がないと厳しいと言えます。

無理せず、まずは副業などでスキルと実績を積んで行くことが理想ですね。

【将来性】スキルが高ければ需要は高い

スキルと実績があれば、月に50万を稼いでいるWebライターの人もいます。

Webライターで仕事をするには、SEOという手法を使って記事を書いていきます。

このSEOの知識やスキルで、検索エンジンの上位を獲得する記事を量産できるWebライターはかなり重宝されます。

なぜなら、上位を獲得した記事からそのサイトへの訪問者が増えて、そこから収益が生まれるからです。

SEOも年々、厳しくなりつつあります。

今後は、こういったスキルを極めることができれば、それだけでその人の付加価値になります。

SEOは、実際の経験から得た情報や体験がかなり生かされるスキルです。

なので、どんどんアウトプットをしていきましょう。

Webライターのフリーランスに必要なスキル

SEOの知識

SEOの知識は必須です。

なぜなら、SEOの知識やスキルがないと記事を書く目的を達成できないからです。

Webライターが記事を執筆する目的は、Google検索上で上位を取ることです。

それ以外にも目的はありますが、大半がこれを目的として記事を執筆しているはずです。

初心者のから、全てを覚えるのは難しいので、最低限の知識は覚えておきましょう。

  • なんのためにSEOをやるのか
  • SEOの仕組み
  • SEOを意識した記事の書き方

最初は、これを理解できれば大丈夫です。

あとは、記事を書きながら実際に体感してスキルを覚えていくのが効果的です。

ライティングスキル

Web上で記事を書くのは、「Web上で本を書いている」と同じです。

正確には同じではないんですが、感覚的には本を書くのと似ています。

ということは、文章を書くスキルであるライティングスキルは求められます。

文書と言っても、いろんな表現の仕方がありそれぞれ記事に与える効果も違います。

  • 読みやすい文章
  • 夢中になってしまう文章
  • 楽しくなる文章

など、書き方でそのイメージは全然違います。

文章に自信がない人でも、文章力は鍛えることができるので、読みやすさを意識した文章を書けるように心がけましょう。

お金に関するスキル

フリーランスになるということは、個人事業主になるのと同じことです。

個人事業主になると、当然ですがお金に関する知識も必要になります。

税金や確定申告など、今までは努めている会社が全て対応してくれたことを自分でやる必要があります。

「お金のことなんてよくわからん」

と思う人もいるかと思いますが、それではダメなんです。

でも、今はネットで検索すればお金に関する情報も分かりやすく載っているので、そこまで悲観的にならなくても問題ありません。

ですが、日々どのくらいお金がかかっているのかは意識して自分でしっかり把握しましょう。

案件を獲得するスキル

Webライターでフリーランスを目指すのであれば、案件獲得スキルがなくては続けるのは厳しいと言えます。

1つ大きなプロジェクト案件を獲得できたとしても、それがいつパタッと終わってしまうかわからないし、急に仕事がなくなったら対応できなくなってしまいます。

案件を獲得するスキルはいくつかありますが、まずは実績を証明できるようにしておくのが良いでしょう。

実績が証明できれば、そのスキルをみて案件の依頼が増えます。

後は、外部への発信もやっておくと良いでしょう。

今ではSNSもそうですが、知人や友人から仕事が降ってくる可能性がある時代です。

こういったコミュニケーションも案件獲得には重要になるので覚えておきましょう。

自己管理スキル

フリーランスになるということは、全て自己責任になります。

仕事の管理や時間の管理、お金の管理も全て自分でやります。

この管理ができないと、仕事も進まないしどのくらい収益があるのかわかりません。

自分で管理するのは無理」と思う人もいるかと思いますが、今は便利なツールが沢山あるので、思っているよりも大変ではありません。

管理するモノが多くなれば、その分大変にはなりますが、外部に依頼をすることもできるので、この管理がネックとなっている人は一度、専門の人に相談してみるのもありです。

Webライターでフリーランスを目指す5つのポイント

とにかくライティングスキルを磨く

しつこいようですが、このライティングスキルがWebライターの命を言っていいほど大事です。

ライティングのスキルは

  • SEOの知識
  • キーワードの理解
  • タイトル
  • 見出し
  • 文章力

などになります。

特にキーワードに対する理解度は深めた方が良いです。

このキーワードの対して記事を書いていくんですが、理解度というのは

「このキーワードでどんなユーザーが調べているか」
「その調べているユーザーはどんな悩みがあるのか」
「その悩みを解決するにはどんな内容を書いて上げるといいか」

このように、そのキーワードの特徴を掴むことです。

これを「検索意図」というのですが、この検索意図に正解はありません。

だからこの、検索意図を考えるのが一番むずかしいんです。。。

最初は、上手くいかない人も多くいると思いますが、どんどんアウロプットして思考力を鍛えていけば、身に付けられるスキルです。

なので、ちゃんと意識して記事を書くように心がけましょう。

自分に得意なジャンルを攻める

Webライターが執筆する記事には、いろんなジャンルがあります。

まずは、自分の得意なジャンルや詳しいジャンルで記事を執筆することをおすすめします。

理由としては、得意じゃないジャンルを執筆しても、まずその概要や情報を調べるだけで時間がかかってしまうし、ネットで得た情報をそのまま記事にしても記事の内容が似てしまうからです。

得意なジャンルや経験があるジャンルを書いたほうが、他の人とは違う情報を発信できるし、それが付加価値になります。

付加価値があれば、フリーランスとして案件獲得もしやすくなります。

得意なジャンルが見つけられないという人もいるかと思います。

そういう人は、興味の湧くジャンルやもっと詳しくなりたいジャンルを選ぶと、モチベーションにも繋がります。

実績を積むためにアウトプットを行う

Webライターでフリーランスを目指すのであれば、実績を積む必要があります。

その実績を積むためには、とにかくアウトプットが必要です。

どのようにアウトプットすればいいの?

と疑問になる人もいますよね。

簡単にアウトプットする方法は、

  • ブログを立ち上げて記事を執筆する
  • 副業で記事を執筆する

この2になります。

Webライターのアウトプットと言えば、やっぱり記事を書くことなのでどんどん積極的に記事を書いていきましょう。

アウトプットの具体的方法はこちらの記事をチェックしてください。

あわせて読みたい
初心者がWebライターになるには?スキル習得にはアウトプットが必要こんにちは。 Webライターになりたいと考えている人の中には、まずインプットを重視する人が多くいます。 もちろんある程度の知...

スカウトされる魅力のあるプロフィールに変える

Webライターでフリーランスを目指すのであれば、案件を獲得しなくてはいけません。

ですが、自分で案件を取りに行くより、スカウトされて案件を獲得したほうが効率がいいですよね。

なので、スカウトをされやすい環境を作る事が大事です。

方法は色々ありますが、まずはプロフィールを充実させましょう。

クラウドサーソングでは、プロフィールを埋める項目があります。

なるべく、完成率が100%になるようにしましょう。

実績など載せられるので、成果物がある人は載せましょう。

ない人は、載せられる成果物ができたら乗せるようにしましょう。

自分のスキルを売る

自分のスキルを売ることも大事です。

今では、ブログで集客して案件を獲得している人もいるし、ココナラなどで自分のスキルを出品している人もいます。

以前に比べて、フリーランスで案件を獲得する手段が増えているので、どんどん活用して行きましょう。

まとめ

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

Webライターでフリーランスを目指せることがわかりましたね。

必要なスキルやポイントを知ることができれば、後は実際に行動するだけです。

行動しないとその目標を達成することができないので、まずは最初の一歩を踏み出してみましょう。

誰でも最初は不安ですが、それは誰もが同じことです。

やってみて、やってみた結果、気づく点が非常に多いです。

なので、基本無料で学べるのでどんどんアウトプットしてくださいね。