Webライター初心者

初心者がWebライターになるには?スキル習得にはアウトプットが必要

こんにちは。

Webライターになりたいと考えている人の中には、まずインプットを重視する人が多くいます。

もちろんある程度の知識があったほうが、Webライターとして安心して業務を進められるかもしれません。

ですが、インプットだけではスキルを伸ばすことは難しいと言えます。

そこで今回は

  • Webライターになるにはアウトプットから始めよう
  • 高収入のWebライターになるために必要なスキル
  • Webライター初心者がアウトプットする方法

この3つについてご紹介します。

では早速、見てみましょう!

Webライターになるにはアウトプットから始めよう

知識だけ学んでも意味がない

Webライターになるには、SEOのスキルや文章を書くスキルが必要だと言われますが、Googleで調べて知識を得ようとしても、実際にやってみないとよくわからないと思います。

懸命に知識を調べてインプットすることは、無駄なことではありません。ですが、結局は知識を得てもそれを活かす行動をしないと意味がありません。

なので、ある程度知識を得たらアウトプットをして、実際に体感してみましょう。

そうすれば、調べただけじゃわからない部分に対して、体感的に気づくことができます。

アウトプットをしてスキルを学ぶ

実際にアウトプットすることで

  • 具体的に何が難しくて
  • 意外と簡単な部分もある

など、実際にやってみないとわからない部分も見えてきます。

これは、手を動かして始めて気づく人も多いので、この気づきをいかに早くするかで、その後のスキルアップが大きく変わってきます。

知識がないと記事が書けないという考えではなく、アウトプットしてみて気付いた部分を改善していく考え方をしていきましょう。

高収入のWebライターになるために必要なスキル

SEOの知識

まず、前提としてWebライターにはSEOの知識は必須となります。場合によっては、SEOを必要としない記事もありますが、Webライターには必須のスキルとなるので覚えておきましょう。

ですが、SEOの知識は奥が深く、経験者でも全てを理解するのは難しいです。

最初の頃は「SEOってこんな感じなんだ」程度で大丈夫です。

最初からSEOを完璧にマスターしようと考えず、知識をある程度インプットしつつ、記事執筆に慣れてきたら、その得た情報を実際に試してみて、結果を見て改善していく、この流れでSEOのスキルを積み重ねてスキルアップしていきましょう。

キーワードに対する理解度

最低限キーワードに対する知識として覚えておきましょう。

キーワードとは、Googleで検索する時に実際に検索する言葉です。

例えば、この記事を見ているということはGoogle上で

「Webライター になるには」
「Webライター初心者」

このように検索しているはずです。その検索した時に使った言葉をキーワードと呼んでいます。

Webライターが執筆する記事には、必ず「キーワード」が設計されています。

記事執筆に慣れてくれば、キーワードを見ただけでどんな記事を書くかイメージができるようになりますが、初心者のうちはそのキーワードの対して、しっかり考えるようにしましょう。

そのキーワードで検索しているユーザーは

  • 何に悩んでいて
  • どんなことを知りたくて
  • 何を解決したいのか

など、そのキーワードに対しての検索意図をしっかり洗い出すクセを付けると良いです。

SEOで記事を書くには「どんなユーザーを狙ってどんな記事を書くか」を考えるのが重要となるので覚えておきましょう。

文章を書くスキル

Webライターは、ライティングをするのがメインの業務となります。

なので、文章を書くスキルは必須となります。ですが、ただ文章が書ければいいかと言うと、そうではなく

  • 心に刺さる文章
  • イメージが湧き理解度が上がる文章
  • 親近感があり、引き込まれる文章

など、様々なスキルがあります。

文章力に関しても、実際に記事を執筆しながら覚えていくのが効率的に良いので、アウトプットをメインで進めていきましょう。

普段見ているブログなどの文章を読んで、良かった点や気づきをメモっておくとより良いでしょう。

文章に関する本も、本屋さんに行くと多くあるので、参考に呼んでみると良いでしょう。

タイトルを考えるスキル

タイトルは、その記事の顔とも言える存在です。本でもそうですが、タイトルをみて読みたくなる本ってありますよね。

Webライターにも、魅力を感じるタイトルを付けるスキルは必要とされます。

タイトルもそうですが、記事の見出しもその記事を構成する大事な要素になります。

こういった、引き込まれるタイトルを考える専門の人もいるぐらい、タイトルは重要となります。

最初は難しいかもしれませんが、これもアウトプットをしながら覚えて行くのが効果的です。

最初は、良いタイトルを付けられなくても大丈夫です。誰もが最初からうまくはいきません。

失敗と成功を繰り返して、タイトルの考え方もスキルアップしていくんで、諦めずに頑張っていきましょう。

Webライター初心者がアウトプットする方法

Webライターはアウトプットがとにかく大事だとお話してきましたが、じゃ実際にどのようにアウトプットするのかをご紹介します。

ここでは大きく分けて2つ紹介します。

  • 自分でブログを書いてみる
  • 案件を獲得して記事を書く

1つずつ見てみましょう。

自分でブログを書いてみる

まず、自分でブログを運営してみることです。

こちらの良い点は、SEOのスキルをどんどん試せて気づきを得られる点です。

  • タイトルの付け方
  • 記事の書き方
  • どのキーワードを狙うか

など自分で決めて進められるので、いろんなことに挑戦できます。

ですが、その記事の結果をすぐには見られないのがデメリットになります。SEOの場合、記事を書いてから結果が出るまでに3ヶ月かかると言われています。

継続して記事を書いても、その結果が悪かったらモチベーションが下がりアウトプットやめてしまう可能性だってあります。

ですが、初心者で最初からうまくいく人はまれです。戦略的に考えてうまくいく人もいれば、うまく行かない人もいます。

まずは、アウトプットして感覚を掴むのが重要です。地味な作業にはなりますが、改善を繰り返してコツコツスキルを磨いていきましょう。

案件を獲得して記事を書く

こちらは、見出しで書いてある通り、案件を獲得して記事を書いていく方法になります。

ブログは、自分で運営しているものなので後に資産になりますが、こちらはクラウドソーシングなどを利用して、記事を執筆していく方法です。

メリットは、記事を書けばその分の報酬がもらえるのと、スキルアップがしやすい点があります。

報酬がもらえるのは当然ですが、初心者の場合は月5万稼ぐのは難しいと言えます。

それはこちらの記事でも紹介しているのでチェックしてください。

あわせて読みたい
Webライター初心者の収入ってどのくらい?収入を上げる5つのコツこんにちは。 Webライターをこれから始めたい初心者の人にとって、「どのくらい収入があるのか?」は気になる項目の一つではないでしょ...

もう一つのメリット、スキルアップがしやすいに関しては、

「初心者のWebライターの場合、フォローしてもらえる可能性が高い」

という点です。

クラウドソーシングでは初心者向けの案件も多数存在します。ですが、初心者向けの案件でいきなり業務をこなすのはしんどいですよね。

なので、初心者向けお案件にはサポートをしてくれるものも存在します。自分ひとりで記事を書くよりも、その書いた記事に対して指摘をしてもらったほうがスキルアップはしやすいです。

指摘を貰えれば、そのスキルを伸ばせば良いのかが分かるし、アウトプットもしやすくなりますよね。

ですが、注意点を上げるとすれば、企業によって「スキルの幅は違う」ということです。

企業によってスキルの幅は違いますが、初心者には確実にためになる情報となるので、おすすめです。

まとめ

最後まで、見てくれてありがとうございます。

いかがでしたか?

Webライターになるには、とにかくどれだけアウトプットすることが第一歩となります。知識を追求しすぎて、アウトプットできない人も多くいます。

①アウトプットを主体に進め
②問題点にいち早く気づき
③スキルアップをしてい

この流れを頭に入れておきましょう。