Webライター初心者

Webライター初心者の収入ってどのくらい?収入を上げる5つのコツ

こんにちは。

Webライターをこれから始めたい初心者の人にとって、「どのくらい収入があるのか?」は気になる項目の一つではないでしょうか?

実際にどのくらい稼げるのかを知ることで、目標とする収入も見えてくると思います。

そこで、今回の内容は・・・

Webライター初心者の収入ってどのくらい?

についてご紹介していきます。

では早速、見ていきましょう!

Webライター初心者の収入ってどのくらい?

【結論】文字単価と執筆時間で決まる

まず、Webライターの報酬は「時給単価」ではなく、「文字単価」もしくわ「記事単価」のケースがほとんどです。

求人などを見ると分かるのですが、1文字1円や1記事5000円などの報酬体験がほとんどです。

普通の「時間×時給」ではなく

「文字単価or記事単価×執筆本数」

になります。

なので、どれだけ長く稼働するかではなく、どのくらい記事を書くことができるか、つまり・・・どれだけアウトプットしたかによって収入は変わってきます。

【事実】初心者だと単価の高い案件は獲得が難しい

文字単価が高い案件をやれば収入を増やせるんじゃないの?

と思う人もいるかと思いますが、初心者から文字単価が高い案件を取得するのは難しいでしょう。

クラウドワークスなどの案件には

  • プロジェクト案件
  • タスク案件

この2つの案件があります。

プロジェクト案件は、そのプロジェクトに参加して継続的に業務を依頼されるのですが、単価が高い分、それなりのスキルを要求されます。

初心者のうちから無理して、こういった単価の高いプロジェクト案件をこなすのは、継続できなくなってしまうリスクがあります。

そうなると、初心者だと「タスク案件」をこなしていくことになるんですが、これは単発案件がほとんどで、プロジェクト案件と比較すると単価は安くなってしまします。

まれに、単価の高いタスク案件も存在しますが、スキルに自信がある競合のWebライターの人が募集していたり、その時点で初心者だと不利になってしまします。

最終的には、プロジェクト案件をこなしていくのがおすすめなんですが、初心者で始めたばかりの人は、タスク案件で業務を進めるコツを少しずず掴んでいきスキルを伸ばしてくのが良いでしょう。

【現実】Webライター初心者だと5万稼ぐのも大変

初心者のうちは、Webライターとして月5万稼ぐのが難しいと言われています。

その理由が、文字単価の低さと執筆に時間がかかってしまうことです。

初心者の場合、文字単価で言うと0.5円〜1円ぐらいが相場だと思います。記事の執筆にかかる時間を、3000文字で5時間だと仮定すると、

  • 0.5円 × 3000文字=1500円
  • 月本数 10本 ×15000円

10本記事を書いたとしても、月で15000円しか稼げません。

  • 1本5時間 × 10本 =50時間
  • 15000円 ÷ 50時間 =時給300円

時給で言うとたった300円となります。

初心者のうちは、この文字単価が低いのと執筆時間がかかるので、月5万を稼ぐのが難しと言うことになります。

【将来性】続ければ月100万円も夢じゃない

ただ、最初の頃は時給300円かもしれませんが、記事を執筆し続ければ記事を書く時間は早くなるし、スキルも身につくので文字単価も上がっていきます。

実際に、Webライターとして月100万円を稼ぐ人もいます。月100万稼いでいる人でも、最初は稼げない時期が必ずあります。

継続してスキルを磨くことで、収入アップを目指すことができるので、諦めずに継続していきましょう。

Webライター初心者が収入を上げる5つのコツ

とにかく記事執筆の効率化をする

とにかくまずは、記事を量産して執筆できるようにスキルを磨いて行きましょう。この、執筆スピードが上がることで、1日にこなせる記事の数が変わってきます。

ただ、難しいのが「ただ記事を書けばいい」と言うわけではないということです。Webライターとして、いい記事を執筆するのはスキルを経験が必要です。

SEOの知識を深めながら、文章力を磨いて、どんな記事を書けば質の高い記事を書けるのかを日頃から意識して執筆を行っていきましょう。

誰しも最初は初心者なので、そこまで深刻に考えなくても大丈夫です。これは本を読んで知識を深めることも大事ですが、実際に体験して磨いていくのが効率が良いのでどんどんチェレンジしてスキルを伸ばして行きましょう。

積極的にプロジェクトに参加する

何件か単発のタスク案件で実績を作ったら「プロジェクト案件」にチャンレンジしていきましょう。

「まだまだ自分にはスキルが足りない」

と、思う気持ちもわかりますが、そのスキルが無いというのは、誰の判断ですか?自分で「スキルがない」と思い込んでいませんか?

まずは、チャレンジしてみないと、自分にどのくらいスキルが身についたのかわからないです。

もし、テストの段階で落とされてしまい、案件が獲得できなかったとしても、「自分にはまだスキルが足りない」と気付きになります。

その気付きで、どのスキルを伸ばすべきかがわかり、効率よくスキルアップを目指すことができます。

とにかく時給を意識して案件を選ぶ

Webライターとしての時給は意識して案件を選ぶと良いでしょう。

最初は、自分がどのくらいの時間で何文字ぐらい執筆できるかわからないと思いますが、必ず記事執筆の時は時間をはかり、今の自分の時給は意識するようにしましょう。

執筆時間を測ることで、どのくらい執筆速度が上がったのか自分で把握できます。スキルアップしていると、自覚できるのでモチベーションに繋がります。

時給を意識できれば、文字単価と執筆時間でどのくらい稼げるのかある程度、予測を付けることができるので、案件選びで失敗することが少なくなります。

自分で営業して案件を獲得する

自分で営業することも大事です。

例えば、周りの友人や知り合いに

「Webライターで仕事してるんだけど、そういった仕事あったら紹介して」

と一言話すだけで、思わぬ案件紹介がある可能性もあります。

他にも、SNSで呟くのもいいですし、勉強会など積極的に参加して、参加者と話して輪を広げるのもいいでしょう。

こういった仲間を作ることで、単価の高い仕事をもらえる可能性が上がります。

ジャンルに特化したWebライターを目指す

Webライターとして執筆するジャンルはいっぱいあります。その中で、専門性の高いジャンルや知識、経験が豊富なジャンルはとても重宝されます。

そのジャンルの知識を最大に活かして、他の人ではなかなか手に入らない情報を記事にできればそれだけで、価値の高い人材になることも可能です。

まとめ

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

これから、Webライターとして収入を得たいと考える人はちょっとショックな内容だったかもしれません。

ですが、事実として知っておかないと

「結局、Webライターって稼げないじゃん」

と諦めてしまいます。

せっかくやるきっかけがあり、スキルを磨こうと決心できたのに諦めてしまうのはもったいないです。

将来的には需要はあるし、やれば必ずスキルは身いつくので諦めずにコツコツをスキルを伸ばしていきましょう。