Webライター副業

Webライターで副業を始める3つの方法!収入を上げるための秘訣

こんにちは。

今回、ご紹介する内容は

  • Webライターの副業は本当に稼げるの?
  • Webライターの副業の始め方は?
  • Webライターが副業におすすめの理由

こちらになります。

最近ではリモートワークやテレワークといった自宅にいながら仕事をしている人が多くなっていますよね。

副業を禁止している企業もまだまだ多いですが、自分の好きな時間に副業ができたら最高ですよね。

では早速、Webライターは稼げるの?から見てみましょう。

Webライターの副業はそもそも稼げるの?

Webライターに興味を持ち、
「本当にWebライターは稼げるの?」
と疑問に思う人もいますよね。

結論を言えば稼げます。稼げるんですが、いくら稼ぎたいかによって必要なスキルや稼働時間が違ってきます。

例えば、月5万円稼ぎたいと思うのであれば、それなりに知識や経験も必要ですし、稼働時間も必要です。

最初は、誰でも月1万稼げればいいほうです。最初から5万や10万を稼ごうとしてもうまく行かないので、コツコツをスキルを溜めながら、継続してWebライターの副業をしていくことが大事になります。

Webライターで副業を始める3つの方法

スキルを磨き案件を獲得する

まずは、Webライターに必要なためのスキルをある程度身につけてから案件を獲得する方法です。こちらのは案件を確実に獲得したい人やちょっとでも高い案件を獲得した人におすすめです。

最初に学ぶべきスキルは以下の通りです。

  • SEO
  • 文章力
  • キャッチコピー

最初はこの3つがあれば基本的なライティングはできるようになるでしょう。

SEOやライティングに関する情報は、世の中に多く溢れています。最初にスキルを磨こうとすると、どの情報が正しくてどの様に勉強すべきわからなくなってしまいます。

ここでおすすめの本を何点か紹介するので参考にしてみてください。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60

案件を獲得しながらスキルを磨く

副業として始めるならこの方法がおすすめです。
案件を獲得しながらスキルを磨く方法です。本やネットでライティング関連の情報を見てもどの情報を参考にすればいいのかわからず、途中でやめてしまうケースが多くあります

SEOやライティングで大事なのはまず、アウトプットすること。
情報だけ溜めても、SEOではうまくいきません。その情報が本当に効果があるのか、結果はどうだったのか、をしっかりアウトプットして確認するのがスキル向上の近道です。

しかも、未経験でも十分に案件獲得できる可能性が合って、未経験の場合は企業側からスキルを教えてもらえることが多いです。

最初は単価は低いですが、継続して続けていけば確実にスキルは身につくし、単価もアップするでしょう。

自分でブログを運営する

自分でブログを作るのも一つの手ですね。

こちらは、自分でWordPressなどを使い記事を書いていく方法になります。

自分でブログを運営する良い点は、

  • 好きなジャンルで自由に記事が書ける
  • スキルの効果検証ができる
  • どんどん施策を回せる

などがあげられます。

逆に悪い点は

  • 初期費用がかかる
  • 効果が出るまでの時間がかかる
  • 継続して書くモチベーションの維持が大変

などです。

最近では、アフィリエイトなどの広告収入も情報としては多くでているので、迷うこと無く自分のブログを運営することも可能になっています。

自分でブログを立ち上げなくても、無料で公開できる「note」などのサービスもあるので、是非活用してみましょう。

なぜWebライターは副業でやるのがおすすめなのか?

時間と場所を選ばず仕事できる

Webライターは、ネット環境があればどこでも記事を執筆することが可能です。しかも、用意するものとしては、ネット環境とパソコンやタブレットなどがあればどこでもできてしまいます。

おすすめはしませんが、やろうと思えばスマホでも記事を執筆することは可能です。そう考えると、家で時間がある時はパソコンで、移動や時間がない時はスマホやタブレットで仕事をすることも実現可能となります。

このような、働き方が副業としておすすめできる理由です。

スキルの習得がしやすい環境

最近では、SEOのスキルがネットを探せば色々あります。他にも、本屋に行けば数え切れないほどSEOの参考書があります。

前までは、SEOと聞けば「何それ?」と言う状態でしたが、今は調べる人も多く興味を持っている人も増えています。

なので、世の中に情報は多くあるし、アウトプットさえ進めていれば自ずと身につくスキルでもあります。

本気で学びたい人は、学習サロンのような学べる環境に入ることもできます。

なので、自分の状況に合わせて学ぶ環境があるので始めやすいと言えます。

スキルが高ければ収入を得られる

Webライターとしてのスキルが高ければ、高収入を目指すことも可能となります。

Webライターをまとめる編集者というポジションの人達は、1記事1万〜5万などの報酬を得ている人もいます。

他にも、自分でブログを開設してうまく行けば、月50万などのアフィリエイト報酬を受け取ることも可能となります。

スキルを磨けば、こういった高収入の可能性を秘めていると言えるでしょう。

Webライター副業の月収はどのくらい?

僕が実際に未経験からWebライターを始めた頃の月収とを参考にして書いています。
人によっては、報酬が違うので参考程度に御覧ください。

未経験Webライターの月収

未経験の頃は、月収はほぼ0円に近かったです。業務の進め方もそうですが、案件をもらえないことが多かったです。最初に受け取った仕事は、5000文字で3000円の報酬でした。

1文字単価で言うと、0.5〜1円です。

経験1ヶ月〜3ヶ月の月収

2ヶ月たった頃から、継続してやっていた案件の報酬が上がってきて、文字単価1.3円ぐらいでした。

5000文字で計算すると、6500円です。この報酬で月に5〜10本ほど納品していました。
なので、月収は3万〜6万ほどでした。

経験6ヶ月の月収

6ヶ月目には、ライター以外にもディレクションの仕事も任せていただけるようになりました。

ディレクションとはライターさんの記事のチェックやそれに対してアドバイスをすることです。

そのディレクション1本で5000円〜10000円の報酬でした。それを月に10本ほど納品していたので、月収は5万〜10万ほどでした。

まとめ

Webライターは副業にぴったりの仕事です。

ですが、Webエンジニアの様に一回の報酬が10万以上みたいな案件はありません。コツコツとこなしてスキルを伸ばし、報酬をあげていくのが一般的な進め方です。

継続することが成功の秘訣で、目的を持ってライターの仕事をしてみましょう。

その目的がないと、継続するのが難しくなってい舞うので、モチベーションを維持しましょう。

6ヶ月続ければ、月5万〜10万稼げる可能性もあるので、是非始めてみましょう。