Webライタースキル

Webライターとは?未経験者に必要なスキルと習得するための方法

最近Webライターとうい職業をよく耳にするようになりました。

ですが、

  • どんな仕事内容なの?
  • 年収やたたらき方はどうなの?
  • 必要なスキルは何?

など、疑問もあるかと思います。

そこで、この記事ではWebライターの仕事内容や必要なスキル、将来的にどうなのかを解説します。この記事を読めば、Webライターについて詳しくなることができます。
それでは早速いってみましょう。

そもそもWebライターとは一体なに?

Webライターとは?

Webライターとは、紙などの執筆するライターとは違い、パソコンを使ってWebサイト上で文章を書くことを専業とする仕事のことです。

Webライターの仕事内容

一般的にライターと聞くと、雑誌や新聞、本名などの文章を書く仕事を思い浮かべる人もいるかと思います。

ですが、WebライターはWeb上で紹介してるニュースサイト記事、ネット広告の文章、EC(Amazonなど)サイト製品説明文、情報サイトやブログなどの文章を書く仕事です。

あわせて読みたい
ライティングだけがWebライターの仕事じゃない!その仕事内容を公開Webライターの仕事内容ってライティングだけだと思っている人も多くいるのではないでしょうか。 ですが、Webライターと一口に言って...

Webライターの年収は?

転職サイト「はたらいく」の情報によると、Webライターの年収は259万円、月収で計算すると18万円です。

引用元:はたらいく

低いと感じる人もいるかと思います。ですが、Webライターは幅広い働き方ができるので、その働き方によっても報酬は変わってきます。

Webライターの働き方は?

Webライターの働き方は多様で、

  • 正社員として働く
  • 副業として働く
  • フリーランスとして働く

など、いろんな働き方で報酬を得ることができます。先程、Webライターの年収についてご紹介しましたが、働き方によってが年収もバラバラです。

その理由しては、Webライターの案件は成果型が多く、自分のスキルや数をこなせば報酬は変わります。

なので、副業で月5万稼いでいる人もいれば、フリーランスとして月30万など稼いでいる人もいます。

Webライターの需要・将来性は?

Webライターの需要・将来性は高いと見ています。なぜかと言うと、今後ますますWebを使ったサービスは増えていきます。その理由は、スマホの拡大によりWebを誰でも簡単に使うことができるようになったからです。

そうなると、Webのサービスや商品を紹介する文章は必ず必要となります。集客するためには記事が必要になります。そのためにはWebライターの存在が必要となります。

なので、今後の需要や将来的に見て、Webライターは必須だと考えられます。

Webライターのメリット・デメリットは?

Webライターのメリット・デメリットを簡単にまとめました。メリットもある反面、デメリットも必ず存在します。両方を確認した上で、理解を深めていきましょう。

Webライターのメリット

  • 幅広い働き方ができる
  • 独学しやすい
  • PCとネット環境があればどこでもできる

Webライターのデメリット

  • 最初は報酬が低い
  • 継続するのが難しい
  • 常にスキルアップが必要

Webライターに必要なスキルは?

ライティングスキル

当然ライターという職業なので、ライティングスキルは必須です。

  • 正しい日本語が使えているか
  • わかりやすい言葉を使っているか
  • 長すぎる文章ではないか

など、ライティングスキルを磨き、読みやすい文章や見やすい文章を常に意識する必要があります。

SEO

最近ではSEOという言葉をよく耳にするようになりました。SEOとは、”Search Engine Optimization”の略で、日本語にすると「検索エンジニア最適化」という意味になります。

記事を執筆して、そこから集客をするにはGoogleやYahooの検索エンジニア上で、上位表示させる必要があります。そのときに必須のスキル、考え方になります。

コピーライティング

コピーライティングとは、一言で言うと、「心に残る文章をを書く事」その技術のことを指します。

コピーライティングの「コピー」とは、一般的な「複写」という意味ではありません。コピーライティングとは「広告文」という意味で、直訳すると「広告文を書く」といった意味になります。

簡単に言うと、コピーライティングはその商品を文章を見ただけで魅力に感じさせる文章のことです。コピーライティングは記事を書く上でとても重要で、その記事のタイトルや見出しを作る上でとても活躍します。

企画作成

記事は、企画が8割とも言われます。その記事の質は企画次第で大きく変わります。Webライティングをする上で、企画作成はその記事を構成する上で必須と言えます。

SEOを狙った記事を作成する場合、そのキーワードの競合調査や検索意図をしっかりと洗い出して、どういった記事を書くかを企画します。その企画で検索エンジンで上位表示できるか変わります。

編集力

編集力とは、すでに執筆した記事を編集し直すことを言い、リライトと呼ばれる作業です。

リライトは、すでに執筆されている記事をよりよいものに編集する作業で、スキルと経験が必要とされます。

より集客ができるように、SEOで上位表を狙い記事を執筆するので、難易度は高いと言えます。

検索能力

Web上だけではなく、記事を執筆する上で情報収集は必要です。

「まずは情報収集→情報整理→情報発信」

この流れができなくては、信頼のある情報を提供することがきません。

  • 情報収集
  • 情報整理
  • 情報発信

この3つをまとめて「情報リテラシー」とも言います。

この情報を集めるためには、検索する能力もあがなくてはいけません。適当に情報を集めても記事の質は下がってしまいます。どんな検索をすれば信頼のある情報が手に入るかをしっかり理解していきましょう。

構造化

構造化は、記事の企画を考える上で重要です。企画を考えていると、「これさっき書いたのと同じ内容だな・・・」と困ってしまうことはありませんか?

企画を考えてことのない初心者の人に多くありがちなミスで、これは構造化をしっかり行えば解決できます。例えば、沖縄に旅行に行くときの交通手段を構造化すると

検索意図:沖縄に行く方法を知りたい

陸路

  • 歩き
  • 自転車
  • 電車

空路

  • 飛行機
  • ヘリコプター
  • ジェット機

海路

  • 水泳
  • 潜水艦

など、現実的に考えて歩きなど水泳はありえませんが、構造化するとこんな感じです。この構造化した者がそのまま見出しになるので、まずは検索意図を構造化してみる癖をつけましょう。

タイピングスキル

Webライターは、Web上でライティングをします。そのためにはタイピングスキルも必要です。これは、技術的というよりは効率化をする上で必要です。

タイピングのスピードによっては、月にあげられるスピードが違います。本数単価や文字数う単価の案件の場合、効率よく記事を上げることができれば、報酬にも大きく関わってきます。

※1日5時間作業した場合、1記事1000円、文字数3000文字
【タイピングが早い人:1記事1時間】
1日5記事 → 5000円 → 30日で計算すると150,000円
【タイピングが遅い人:1記事3時間】
1日1.5記事 →1500円 → 30日で計算すると45,000円

その差は105,000円

Webライティングを継続的に進めて行けば、自然とタイピングは早くなりますが、最初のうちは意識してタイピングを行うといいでしょう。

未経験からWebライターになるためのステップは?

ステップ1: SEO+ライティングスキルを磨く

まずは、ライティングスキルとSEOのスキルを磨いていきましょう。ライティングスキルだけでもWebライターとして案件をこなすことは可能ですが、SEOのスキル・知識があるだけで、ライティングのスキルは更にレベルアップできます。

SEOを考えてライティングできれば、クライアントの編集する手間を省けるし、何よりライティングしていて楽しいです。

「どうすれば検索エンジンで上位表示できるか」を考えたライティングを心がけてライティングをする癖をつけましょう。

ステップ2:コピーライティングを磨く

コピーライティングのスキルを磨き、コピーライターとして活躍している人も多くいます。このキャッチコピーを変えるだけで、そのサイトの収益アップに繋がります。

ユーザーの心を掴む文章を考えるには、検索意図やその人の悩み、願望を考える必要があります。SEOライティングに慣れたら、コピーライティングに挑戦してみるのがいいでしょう。

SEO的にもコピーライティングのスキルを磨くことは意味があって、タイトルや見出しの優位性を掴むためには必要なスキルです。

ステップ3:編集力を鍛えよう

記事を最初に書いて、ずっとそのまま放置することはありません。必ずリライト作業が入ります。SEOで、検索エンジンの上位表示を狙っても、うまくいかないことがあります。

その場合、

  • どこが課題で上位表示されないのか
  • 情報は間違っていないか、古くないか
  • 他に追加すべき要素はないか

などを分析してからリライトを行います。

難しく感じるかもしれませんが、リライトは必須のスキルです。最初はできなくても、SEOやコピーライティングに慣れてきたら、改善すべき点が見えるようになってきます。

こういったリライトの積み重ねでスキルを向上させていきましょう。

Webライターとしてのスキルを磨くには?

本を読んで勉強する

SEOやライティングに関する本はたくさんあります。本には、ライティングのスキルを高めるための情報が多く載っています。

まずは、本を読んでみてSEOやライティングがどのようなものか学習してみるのが良いでしょう。

情報サイト・ブログで勉強する

SEOの情報は昔と比べて多くあります。今では、情報サイトや個人ブログでも情報を発信している人が多くいます。

そういった情報をいち早くキャッチしてアウトプットすることで、スキル向上を目指すことができます。

勉強会や学習サロンで学習する

勉強会や学習サロンで学習することもできます。ライティングやSEOだけではなく「どのようにあ収益化するか」まで教えてくれる勉強会も多く存在します。

学習サロンは、お金を払って学べるいわば「SEOライティングスクール」のようなものです。

SEOの基礎からライティングスキル、収益化までを教えてくれるサロンも多くあります。

副業で案件をもらいスキルアップする

スキルを磨くなら実際にやってみてアプトップをしたいと考える人もいるでしょう。

そのような場合に有効となるのが、副業として案件を獲得して実際にやってみる方法です。幸いにもWebライターの案件は多く存在するので、未経験向けの案件をやりながら、スキルアップしていくのも一つの手です。

未経験でもWebライターの案件がもらえる求人サイトは?

クラウドワークス

引用元:クラウドワークス

クラウドワークスとは

クラウドワークスは、日本最大のクラウドソーシングで、実績のあるプロに依頼・発注できるから安心クオリティーでどこよりも早くリーズナブルに仕事ができるのが特徴。
ライティングはもちろん、その他にも

  • ホームページ作成
  • アプリ・ウェブ開発
  • ロゴ・チラシ作成
  • 動画制作
  • データ入力

など幅広い仕事に対応しています。

単価 小〜中
やり取り 自分で行う
継続案件 プロジェクト案件あり(継続案件)
サポート 企業によって変わる
試験 企業によって変わる

クラウドワークスを詳しく見る

サグーワークス

引用元:サグーワークス

サグーワークスとは

サグーワークスは、日本最大級のライティング特化型サービスで、ライターの使いやすいサービスをコンセプトにしています。

試験に合格することで高単価案件を獲得できる「プラチナライター」を用意していて、その企業の専属ライターとして活躍できます。試験を受けることで、自分の腕試しにもなるので、ぜひ挑戦してみてください。

単価 高い
やり取り サグーワークスが対応
継続案件 企業専属案件あり
サポート 文章向上サポート
試験 あり

サグーワークスを詳しく見る

クラウドテック

引用元:クラウドテック

クラウドテックとは

クラウドテックは、フリーランスのリモート求人情報を多く持つクラウドサービスです。専任のフリーランスキャリアアドバイザーがお仕事探しから稼働中のサポートをしています。

サポートが充実しているので、これからフリーランスとしてWebライターを目指す人にピッタリの求人サイトです。

単価 中〜高
やり取り 案件獲得サポートあり
継続案件 プロジェクト案件あり(継続案件)
サポート キャリアアドバイザー(仕事探しから稼働中のサポート)
ライフサポート(健康チェックや育児サポート)
プロフェッショナル報酬制度
試験 なし

クラウドテックを詳しく見る

Bizseek

引用元:Bizseek

Bizseekとは

Bizseek(ビズシーク)は、クラウドソーシングサービスで、Web上で様々な分野の専門家(ワーカー)にアウトソーシングすることができ、仕事の見積・発注・決済までをWeb上で完結することができます。

企業とワーカーを結びつける新時代のサービスとして注目され、官公庁や大手企業の利用も増えています。

単価
やり取り 自分で行う
継続案件 プロジェクト案件あり(継続案件)
サポート 特になし
試験 なし

Bizseekを詳しく見る